ファッションカラーとグレイカラー(白髪染め)(長岡市古正寺の美容室ヘアカラー)

query_builder 2020/10/09
ブログ
1539520_s

こんにちは、長岡市古正寺の美容室トイロの藤ノ木です。








ファッションカラーとグレイカラー









何が違うの?









グレイカラーって白髪染めでしょ?







そうです。








白髪染めです。








ですが、根本的なところで言うと色素が濃いヘアカラーです。









カラー剤には髪の毛のメラニンを分解する“脱色作用”と髪の毛に染料を浸透させ髪の毛に色をつける“染色作用”と言われる効果があります。









グレイカラー(白髪染め)は染色する効果が強く、脱色する力が弱いです。








ですので、白髪には色がしっかり入り、白髪でない黒い部分は、ほのかに明るく染まります。








こういう場合の方にもグレイカラー(白髪染め)を使う場合があります。









カラーリングした後、退色(色が取れる)しやすい方









この場合の方は、もともとの髪の毛の中にあるメラニン色素の黄みが強い方です。









グレイカラー(白髪染め)はしっかり染まる理由として、ブラウンの配合量が多めですので、









黄みが強く、退色(色が抜けやすい)しやすい髪の毛に色味を定着しやすくしてくれる効果があります。









グレイカラー(白髪染め)実は、色味の種類はファッションカラーと変わらないくらいラインナップが豊富なので、









昔の白髪染めとは全然違い、ただ白髪を染めるだけの物ではなくなってきています。








そして、ファッションカラーです。







【特性】




髪の毛の内部のメラニン色素を脱色作用で分解する力が強く







染色作用が薄めです。








透明感が出やすいのと、柔らかい色に仕上げやすいです。










赤みが強い方



カラーリングをすると退色(色がぬける)した時、赤味が強いオレンジに退色してくる方










青味が強い方、



ヘアカラーをした時、髪の毛が明るくなりにくい方







この2種類の方は、髪の毛の中のメラニン色素を脱色作用で分解して赤みや青味を取り除かないと、髪の毛に明るさや透明感が出にくくなりますので、ファッションカラーが適しています。








ファッションカラーとグレイカラー(白髪染め)というカテゴリーにとらわれず、目的に合わせた使い方が重要です。








少しだけでも本当の違いが分かってもらえたら幸いです。









髪の毛のお悩み、ヘアカラーのことなど気軽にご相談ください。











長岡市古正寺の美容室トイロ 藤ノ木












NEW

  • 抜け毛が気になるなぁ(長岡市古正寺の美容室ヘアケア)

    query_builder 2020/10/20
  • ストレートパーマ(縮毛矯正)をかけた後(長岡市古正寺の美容室ストレートパーマ(縮毛矯正))

    query_builder 2020/10/19
  • 自分でやってみてわかったこと(長岡市古正寺の美容室ヘアケア)

    query_builder 2020/10/18
  • ヘアカラーで似合わない色(長岡市古正寺の美容室ヘアカラー)

    query_builder 2020/10/17
  • 巻いた後に(長岡市古正寺の美容室ヘアケア)

    query_builder 2020/10/16

CATEGORY

ARCHIVE